活動報告一覧

Category Archives: Up to You 未来を育てるプロジェクト

Up to you ~未来を育てるプロジェクト~ 概要について

Up to You 未来を育てるプロジェクト

一般社団法人Zipsとして新たな社会貢献事業を開催することになりました。

それは「児童養護施設でのプログラミング研修」、プロジェクト名は「Up to you 〜未来を育てるプロジェクト〜」です。

■目的

このプロジェクトを実施するきっかけとなったのは、
小中学校にて「プログラミング科目が必修化になった」ことからでした。

「このままでは学習機会に差が生まれてしまうのではないか」
そんな懸念を私たちは持っています。

現状でも子供たちの学習サポートはボランティアの方々にお願いしている施設が
ほとんどと聞いています。その上、IT教育となると・・・。

子供たちが将来どんな形であれ、働くことになったときに「ITスキル」を持っていることは有利に働くと思います。

今回のイベントによって、子供たちが少しでも「プログラミング」に興味を持ってもらえることが出来たら、
また、そのことによって、彼らに選択肢や可能性が広がれば、嬉しいなと考えています。

■イベントの概要

「児童養護施設でのプログラミング研修 Up to you 〜未来を育てるプロジェクト〜」の最初の開催施設は
東京都杉並区で運営されている「杉並学園(※)」に決定いたしました。

開催する日程については夏休み期間中の2022年8月15日、22日、9月4日を予定しております。

当初は6時間×2日間の予定したが、子供たちが集中して取り組むことができるよう、
「3時間×3日間」でのカリキュラムを準備しております。

※杉並学園様について

児童虐待防止法が制定された昭和8年に発足した長い歴史を持った施設で、
今回の私ども団体の活動にご賛同いただき、最初の開催施設となっていただきました。

今年耐震対策のため施設が建て替えを行うということで、
こちらの施設にて開催される最後のイベントになる予定です。

 社会貢献 スクショ2枚目 社会貢献 スクショ1枚目
代表の平松が杉並学園さんを訪問して、イベントの趣旨などを説明)

 

■私ども団体のこれまでの活動について

一般社団法人Zipsは2010年末に設立され、翌年よりこれまで10年以上にわたり社会貢献事業を行ってきた団体です。

主な開催イベントとしては2つあり、まず児童養護施設への支援事業としては、
こころのあかり絵画コンクール(※1)」などのイベント開催や施設への支援を行ってきました。

229055048_203024561680988_8117095959315813716_n

(児童養護施設のお子さんたちが書いた絵をグラフィックアートにしてプレゼント)

また、設立の直後に東日本大震災が発生してしまったため、

いち早く現地で復旧支援のボランティアも実施しました。

それをきっかけとして、毎年被災地の子供たちのための
鯉のぼりプロジェクト(※2)」などのイベントも開催しております。

DSC00245

(福島県相馬市のみなと保育園にて鯉のぼりを揚げ、
バルーンアーティストやマジシャンによるパフォーマンスイベントを開催)

 このイベントについては「福島民友」や「福島民報」といった
地元の新聞社様にも取材していただき、誌面にて紹介いただいています。

66721404_2260893804225693_4049595535206645760_n福島民友②

(イベントの様子は地元紙である福島民報や福島民友に掲載されました)

※1 こころのあかり絵画コンクール:
児童養護施設の小学生低学年までの児童を対象にした絵画コンクール。今年、第11回目を開催予定。

※2 鯉のぼりプロジェクト:
東日本大震災にて被災地となった地域にて毎年鯉のぼりを上げるイベントを開催。
現在では福島県相馬市のみなと保育園にて実施している。

 ■クラウドファンディングについて

今回の活動については、開催する施設ごとにコストが必要になってしまいます。

また、イベント開催後も継続して学べるよう、施設にはカリキュラムがインストールされたパソコンを
贈与することも検討しているため、当団体の毎年の予算だけでは、開催出来る施設が限られてしまうと考えられます。

そこで、より多くの施設で開催したいという考えのもと、
今回はクラウドファンディングにチャレンジさせていただくことにしました。

子供たちの未来を豊かにする手助けとして、是非ご協力をお願いいたします。

クラファンURL:(後日掲載いたします)

■学生主体での挑戦

平松代表の元、大学生がグループでインターン生として活動の運営を行っております。

今回使用するスクラッチのカリキュラムも理系の学部に通う現役大学生が作成したものを活用します。

また、小学校低学年の子供たちにも楽しんで取り組んでもらえるよう
に新たにカリキュラムを作成し日々改善を重ねております。

当日は作ったカリキュラムを使用して大学生自身が先生となって子供たちを指導するという
前例のないチャレンジングなイベントになる予定です。

カリキュラムスクショ 条件分岐カリキュラムスクショ 木まで歩く

■ご支援のお願い

皆様からのご支援なくして、本プロジェクトを成功させることはできません。

プログラミング研修を実施することが児童養護施設の子どもたちの将来の選択肢
を一つでも増やすことに繋がるのではと当団体では期待をしております。

この活動を通して、子供たちが10年後の未来に向けて、より希望を持ってもらえたら良いなと考えています。

何卒、温かいご支援宜しくお願い致します。

Up to You 未来を育てるプロジェクト・プレイベント開催しました

Up to You 未来を育てるプロジェクト

■プレイベントを開催いたしました!

「Up to You 未来を育てるプロジェクト」の活動の第1弾として、
プレイベントを開催しましたので、ご報告させていただきます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「Up to You 未来を育てるプロジェクト」:

児童養護施設向けのプログラミング研修を実現するため、
そのイベント開催やその資金集めのためのクラウドファンディング事業を推進するプロジェクト

▽Ready-Forによるクラファンサイト(申請中:プレビュー)

https://readyfor.jp/projects/up-to-you/preview?preview_token=ed674571a32c09b991689c7bb05ab55111ae4ec3

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■「プログラミング研修パイロット」開催

◆開催日程

日程:2022年1月22日(土)~23日(日)

学生インターンが作成したカリキュラムについて
実際に「子供たちに体験してもらうこと」を目的として、開催させていただきました。

マニュアル2 マニュアル1 マニュアル4 マニュアル3

↑実際に子供たちに配った研修のマニュアルです。

学生インターンがカリキュラムを作成しましたが、
ベースは「子供の習い事図鑑」さんに参考にさせていただきました。

hedaer02

scratchなび | スクラッチ教材無料ダウンロード学習サイト
https://startoo.co/scratchnavi/

このイベントの趣旨をお伝えして、カリキュラム作成のご協力をいただくことが出来ました。
本当にありがとうございました。

研修風景1

↑実際の研修風景です。

今回使用したのは「Scratch」というブロックをつなげることにより、
プログラムが作れるというアプリケーション。

基本的にはWeb上で学習することも可能なのですが、
児童養護施設の通信環境を伺う限り、

施設の子供たちが一斉に研修することにも限界がありそうということもあり、
今回の研修では、PC上でスタンドアローン(※)で起動するアプリケーションで行いました。

※PCにインストールして稼働し、通信環境に依存しない

今回は「レンタルPC」を12台お借りして、その全てのPCにインストールして、
正しく稼働し、研修が実現できるか?という確認の意味もありました。

(インストールにかかる時間や実際の労務コストなどの検証の意味もありました)

研修風景2 画面

2日間のカリキュラムでしたが、参加してくださった方は全員で9名のお子さん
未就学児の6歳から小学校6年生まで、幅のある年齢層で試すことが出来ました。

学生4 学生6

 

今回は教える学生の人数も多めにし、ケア出来る体制を作り、
お子さんおひとりおひとりへの学習に取り組めるように心がけました。

学生1 学生2

年齢層が幅広かったこともあり、カリキュラムの進み具合もまちまちでしたが、
研修内容を押し付けるようなことはせず、

それぞれのお子さんの興味の持ち方などに合わせて、
進めるように配慮していきました。

学生7

 

やはり高学年のお子さんの進みは早かったですね。
生まれたときにはスマホがある世代は呑み込みが早い!

休憩

カリキュラムの間には休憩時間を取って、
リラックスしてもらうようにしました。

 

■イベントを開催してみて

昨年の夏からコツコツと準備を重ねてきて、今回の取り組みは「このプロジェクトにおける第一歩」となる
非常に有意義で大きなイベントとなりました。

事前に想定していたことが全く通用しなかったり、
実際にやってみると思ってもみないことが起きたりと、
やはりイベントを開催してみないとわからないことが多いなぁという印象でした。

学生インターンもこのイベントを通じて、
本当に良い体験ができたと思います。

尚、児童養護施設での開催はもう確定しています。

 

東京都内にある「児童養護施設」さんとお話ししており、
コロナの状況によりますが、3月末もしくはGWの時期に開催することで、協議を進めております。

今後は今回のイベントで起きた課題を開設しつつ、
様々な改善を加えて、実際に施設で開催する際に活かしていければと考えております。

イベント後に保護者の方にお子さんたちの様子を伺ったところ、
「来週はもうやらないの?」という話が出たり、「楽しかった!」と感想を言ってくれる子がいたりと、

プレイベントとしての開催なので、継続して行うことが出来ないのが
本当に心苦しいのですが、これを機会にプログラミングに興味を持ってもらえたらいいなぁと思います。

最後に。

今回ご参加いただいたお子さんの保護者の皆様、
イベントにご協力いただき、本当にありがとうございました。

皆さんのおかげで私ども団体にとっても、
取り組んでくれた学生たちにとってもとても有意義で素晴らしいイベントになりました。

このプロジェクトを成功させるべく、
引き続き努力してまいります。

心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

一般社団Zips
代表理事 平松二三生

【児童養護施設向けプログラミング研修のURL】

http://www.z-ips.jp/contribution/programing/

【活動内容についてはこちらから】

活動報告;Up to You 未来を育てるプロジェクト

 

引き続き、一般社団法人Zipsをご支援ください。

宜しくお願い致します。

 

#2021年

#児童養護施設向け絵画コンクール

#UptoYou未来を育てるプロジェクト

#社会貢献

#情動発散

#クラウドファンディング

【Up to You 未来を育てるプロジェクト】プレイベント開催のお知らせ

Up to You 未来を育てるプロジェクト

■プレイベントを開催いたします!

「Up to You 未来を育てるプロジェクト」の活動の第1弾として、
プレイベントを開催することになりましたので、ご案内させていただきます。

8月に発足したこのプロジェクトですが、こつこつと事前準備を進めてまいりました。
今回は、来年の1月に本イベント実現に向けたプレイベントを開催したく、
ご案内をさせていただければと考えております。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「Up to You 未来を育てるプロジェクト」:

児童養護施設向けのプログラミング研修を実現するため、
そのイベント開催やその資金集めのためのクラウドファンディング事業を推進するプロジェクト

▽Ready-Forによるクラファンサイト(申請中:プレビュー)

https://readyfor.jp/projects/up-to-you/preview?preview_token=ed674571a32c09b991689c7bb05ab55111ae4ec3

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■趣旨

11月に「こころのあかり絵画コンクール」について、全国に児童養護施設さんとして、
約600施設にお電話でご案内させていただきました。

その際に、このプロジェクトに関するアンケートを行わせていただきました。

これは私たちが開催しようとしている「児童養護施設でのプログラミング研修」において、
オンライン開催なども視野に入れつつ、実際にお子さんたちが楽しんで、プログラムを習得してもらえるよう、
現在作成中の研修カリキュラムに活かさせていただこうという趣旨で行いました。

アンケートでは

・児童養護施設内での「プログラミング研修」に興味はあるか?
・オンライン開催に興味はあるか?
・現在のPCや通信環境は?

などを確認させていただきました。

この結果を踏まえ、施設にお伺いすることで研修を実施することを前提にイベントを準備しており、
その確認のために、プレイベントを開催することになりました。

 

■何をやるのか?

本番の「児童養護施設でのプログラミング研修」を実施する前に、
一般の小学生を集めたプレイベントを開催します。

そこで、私たちが作った「研修カリキュラム」による「実際の習熟度」や
「カリキュラムの進行速度」などを確認したいと思います。

つきましては、この「プログラミング研修」に参加してくださる小学生を募集します。

■「プログラミング研修パイロット」開催要項

※追記
当初は「2日間通しでご参加できる方」を条件としていましたが、
開催する施設さんと打ち合わせした結果、カリキュラムの見直しが必要となったこと、
および「1日でも参加したい」というご要望があったため、1日受講も可能としました。

 

◆以下の日程で行います。

日程:2022年1月22日(土)~23日(日) それぞれ10~16時ぐらいまで
(2日間通しの参加でも、1日のみの参加でも構いません)

参加費:無料
(※当日は「お昼の食事」や休憩中の「飲み物」「お菓子」もご用意します)

対象:小学校3年生以上(※小学校1~2年および中学生については別途相談)

募集人数:12名

ご両親については、同席されていてもされなくても大丈夫です。

(同席の場合でも、食事等のご用意はありません。)

 

■当日の研修について

①1日受講の場合

10:00~10:30  アイスブレイク、スタッフの紹介
10:30~12:00  1限  (プログラミングについて簡単に説明、プログラミングの基礎:スクラッチの簡単な使い方)

12:00~13:00  昼休憩(ランチはこちらで用意します)

13:00~14:30  2限  (プログラミングの基礎:ブロック定義、繰り返し)
14:30~14:45  15分休憩
14:45~16:15  3限  (演習問題、サポート)

 

②2日間の受講の場合

◆1/22
10:00~10:30  アイスブレイク、スタッフの紹介
10:30~12:00  1限  (プログラミングについて簡単に説明、プログラミングの基礎:スクラッチの簡単な使い方)

12:00~13:00  昼休憩(ランチはこちらで用意します)

13:00~14:30  2限  (プログラミングの基礎:ブロック定義、繰り返し)
14:30~14:45  15分休憩
14:45~16:15  3限  (演習問題、サポート)

◆1/23
10:00~10:30  前日の振り返り
10:30~12:00  1限  (プログラミングの基礎:演算ブロック、条件分岐、変数)

12:00~13:00  昼休憩(ランチはこちらで用意します)

13:00~14:30  2限  (じゃんけんプログラム作成)
14:30~14:45  15分休憩
14:45~16:15  3限  (じゃんけんプログラムのサポート、演習問題、遊び)

※当日は小学生2名に大学生1名がサポートする万全の体制で臨みます。

 

■お申込みについて

ご応募いただける方は下記よりお申し込みください。
Googleフォームから↓

https://forms.gle/N8g44stYa93ksnhy6

 

■最後に

今回実施したアンケートでは「興味がある」「ぜひやってほしい」というご意見を全国から数多くいただきました。
本当にありがたかったです。

今さらながらではありますが、私たちが進める”Up to You 未来を育てるプロジェクト”の「社会的な価値を感じる瞬間」でもありました。

さらに気持ちを引き締めて、活動をしてまいりたいと考えております。
皆様のご支援のほど、引き続き宜しくお願い致します。

一般社団Zips
代表理事 平松二三生

 

 

【児童養護施設向けプログラミング研修のURL】

http://www.z-ips.jp/contribution/programing/

【活動内容についてはこちらから】

活動報告;Up to You 未来を育てるプロジェクト

 

引き続き、一般社団法人Zipsをご支援ください。

宜しくお願い致します。

 

#2021年

#児童養護施設向け絵画コンクール

#UptoYou未来を育てるプロジェクト

#社会貢献

#クラウドファンディング

【クラファン】「Up to You 未来を育てるプロジェクト」 改めてスタート!

Up to You 未来を育てるプロジェクト

■プロジェクト名が確定しました

このプロジェクトが発足して、3か月!
やっとプロジェクト名が決まりました。

「Up to You 未来を育てるプロジェクト」

” Up to You” は英語で「あなた次第だよ」という意味です。
学生インターンのリーダー村野さんを中心にメンバー全員で決めました。

私たちは「プログラミング研修」を通じて、
児童養護施設の子供たちに「選択肢」の1つを提供したいと思っています。

「プログラミングを覚えれば、全てハッピー!」
そんなことはありません。

でも、少しでも武器を増やすことが出来れば、
これから生きていく上での選択肢は広がる。

この経験を将来に活かすのかどうかは、「本人次第」。
私たちはそのちょっとしたお手伝いが出来れば。

そういった意味を込めて、名付けました。
(なかなかいいプロジェクトだなぁと思っています)

 

【児童養護施設向けプログラミング研修のURL】

http://www.z-ips.jp/contribution/programing/

【活動内容についてはこちらから】

活動報告;Up to You 未来を育てるプロジェクト

 

引き続き、一般社団法人Zipsをご支援ください。

宜しくお願い致します。

 

※これまでの活動については以下をご参照ください。

◇「鯉のぼりプロジェクト」については→こちら

⇒これまでの活動内容についてはこちら

◇「こころのあかり絵画コンクール」については→こちら

⇒これまでの活動内容についてはこちら

 

IMG_8623


229055048_203024561680988_8117095959315813716_n

#2021年

#児童養護施設向け絵画コンクール

#UptoYou未来を育てるプロジェクト

#社会貢献

#情動発散

#クラウドファンディング

新規事業「クラウドファンディング」スタート

Up to You 未来を育てるプロジェクト

■新たなチャレンジをします。

一般社団法人Zipsとしては、「鯉のぼりプロジェクト」や「こころのあかり絵画コンクール」に続く、第3のプロジェクトを発足致します。

それは児童養護施設向け「プログラミング研修」です。

今回の事業については、賛助会員様からの寄付ではなく、クラウドファンディングによる資金により実施しようとしています。
これは有志の皆さんによる寄付で活動してきた当団体にとっては全く新らしい試みです。

実は、数年前から寄付による資金集め以外の方法を模索してまいりました。

ただ、皆様のご協力で、当面の活動資金については、枯渇することなく、進めてこられたことや、人手の問題もあり、なかなか実行に移すことが出来ずに来てしまいました。

しかし、コロナの影響もあり、異業種交流会での寄付集めが難しくなったこと、
また、そのために「賛助会員制度」へ移行したことをきっかけとして、やはり異なる形での寄付金集めを検討せざるを得なかったこと。

さらに今年10周年を迎えたことも大きなきっかけとなりました。

長期インターン団体であるPSF、および、R3Corporation株式会社の学生インターンチームwewicの協力により、人手の問題が解決したということも後押ししてくださいました。

学生インターン・チームwewicのクラウドファンディング担当からのご挨拶動画です。

 

↑wewic社会貢献クラウドファンディングチーム・リーダーの村野さん

学生インターンの皆さんでWebマーケティングも含めた「クラウドファンディング運営チーム」を発足することが出来たこともあり、数年越しで計画してきた本プロジェクトが実現させる運びとなりました。

 

◇長期インターンPSF(株式会社キャリア・ナビゲーション)

http://career-navigation.co.jp/

 

■プロジェクト名が確定しました

(追記 2021/12/2)

このプロジェクトが発足して、3か月!
やっとプロジェクト名が決まりました。

「Up to You 未来を育てるプロジェクト」

” Up to You” は英語で「あなた次第だよ」という意味です。
学生インターンのリーダー村野さんを中心にメンバー全員で決めました。

私たちは「プログラミング研修」を通じて、
児童養護施設の子供たちに「選択肢」の1つを提供したいと思っています。

「プログラミングを覚えれば、全てハッピー!」
そんなことはありません。

でも、少しでも武器を増やすことが出来れば、
これから生きていく上での選択肢は広がる。

この経験を将来に活かすのかどうかは、「本人次第」。
私たちはそのちょっとしたお手伝いが出来れば。

そういった意味を込めて、名付けました。
(なかなかいいプロジェクトだなぁと思っています)

活動報告:【クラウドファンディング事業】Up to You 未来を育てるプロジェクト 改めてスタート!

 

■クラウドファンディングの目的

これまで方法は違うものの、皆様からの直接の寄付により、私どもの団体はイベントを開催してきました。

ただ、今回の「プログラミング研修」では、これまでのイベントとは異なる点がありました。

 「施設ごとに予算が必要になる」ということです。

これまでのように寄付による年間予算だけでは開催することが難しいという側面がありました。

そこで、クラウドファンディングを実施し、まずは最低限で開催出来る目標金額を目指すこと。
そして、もし達成することができたならば、次に「ネクストゴール」を目指し、さらにイベント開催施設数を増やすことが出来れば、より多くの施設のイベントに予算を割けることが可能であること。

これらを実現できるということに魅力を感じています。

さらに今回の活動により、「一般社団法人Zipsの活動内容の広報」にも活用できるのではないかという期待もあります。
これまでの10年間はあまり自らの活動を世の中の皆さんにお伝えすることに積極的にはありませんでした。

しかし、これからはもっと活動の幅を広げるためにも、我々の活動を多くの人に知ってもらう、良い機会になればと考えております。

また、「児童養護施設」の存在についてもまだ認知度が低いこともあり、この点でも関心を集めることが出来たらとも期待しております。

今回の活動は、私たちZipsだけで本企画を実現させることは難しく、成功させるためには一人でも多くの皆様のご協力が必要不可欠です。

新しい試みですので、皆様にはぜひともご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

【児童養護施設向けプログラミング研修のURL】

http://www.z-ips.jp/contribution/programing/

【活動内容についてはこちらから】

活動報告;Up to You 未来を育てるプロジェクト

 

引き続き、一般社団法人Zipsをご支援ください。

宜しくお願い致します。

 

※これまでの活動については以下をご参照ください。

◇「鯉のぼりプロジェクト」については→こちら

⇒これまでの活動内容についてはこちら

◇「こころのあかり絵画コンクール」については→こちら

⇒これまでの活動内容についてはこちら

 

IMG_8623


229055048_203024561680988_8117095959315813716_n

#2021年

#児童養護施設

#プログラミング研修

#社会貢献

#クラウドファンディング

クラウドファンディング180x160_2