Up to You 未来を育てるプロジェクト

子供たちの未来を切り開く第一歩

このたび、現在行っている鯉のぼりプロジェクトと絵画コンクールに加えて、【児童養護施設でのプログラミング研修】を実施する運びになりました。

児童養護施設のいまの現状を一歩でも前に進めることができれば、と思ったのがきっかけです。

本企画の目的

  1. 1.プログラミング科目の必修化
    基本的に多くの児童養護施設では勉強のサポートはボランティアの方にお願いしており、プログラミング研修まで手が回らない状況です。このままだと「学習機会の差」が生まれ、児童養護施設の子供たちが焦燥感に苛まれてしまうのではないか、と私たちは懸念しています。

  2. 2.ITは実力で勝負できる業界
    インドはIT大国と呼ばれており、その理由としてカースト制度が未だ強く根付いているということが挙げられます。しかし、近年確立されたIT を含む職業はカーストの影響を受けず、実力さえあれば稼げるということで、結果としてインドでは人材が増加してIT産業がどんどん発展しています。 日本のITも実力があれば評価される業界です。児童養護施設でプログラミング研修を実施することで、興味を持つきっかけを作り、将来子供たちがスキルを身に着けたとき、彼らの可能性は広がると、私たちはそう考えています。

  3. 3.進学に前向きになってほしい
    私たちは、プログラミング研修が子供たちの学習意欲にも影響をするのではと期待しています。全国平均と比較して児童養護施設の大学進学率は厳しく、中には経済的な不安などの様々な理由で進学をあきらめてしまう子もいます。しかし将来への展望が開ければ、子ども達の進学への意欲も高まるのではないか、私たちはそんな期待を持っています。将来の目標を持つことで進学に前向きになる子が増えれば、嬉しく思います。

皆様へのご依頼内容

これまでの予算で新たなプロジェクトを進めることはは厳しく、また一つでも多くの施設で開催したいという思いから、クラウドファンディングを行うこととなりました。
皆様からのご支援が、児童養護施設の子供たちの未来を切り開く第一歩となります。
ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

【クラファンページのURL】
新規事業「クラウドファンディング」スタート
準備中(READYFOR)