活動報告一覧

Category Archives: 東北・関東大震災への支援活動

南三陸町へ鯉のぼりの撤去に行きました。

・GWに設置した”鯉のぼり”を撤去しに行ってきました。

鯉のぼり撤去鯉のぼり撤去
鯉のぼり撤去鯉のぼり撤去

※後日、現地の皆さんには、とても喜んでいただけたとの
ご連絡をいただきました。

・現地で無料で宿泊させていただいた
民宿(現在は避難所として運営)の方からの依頼で、
強風で壊れた施設の撤去のボランティアをさせていただきました。

撤去・ボランティア撤去・ボランティア撤去・ボランティア

計11名で被災地・宮城県にボランティアへ

総勢11名(心理カウンセラー10名+柔道整復師1名)の
ボランティアチームを組織し、現地でのボランティアを
実施しました。

・南三陸町の4か所の避難所に”鯉のぼり”を設置してきました。

◇設置1か所目◇

鯉のぼり設置1か所目鯉のぼり設置1か所目鯉のぼり設置1か所目

◇設置2か所目◇

鯉のぼり設置2か所目鯉のぼり設置2か所目鯉のぼり設置2か所目

◇設置3か所目◇

鯉のぼり設置3か所目鯉のぼり設置3か所目鯉のぼり設置3か所目

◇設置4か所目◇

鯉のぼり設置4か所目鯉のぼり設置4か所目鯉のぼり設置4か所目

”鯉のぼり”は、中国・黄河での滝を昇り切った鯉が
龍になったという伝説に起因しており
古来より子供の成長を願った伝統行事です。
今回の震災により、傷ついたであろう子供たちを勇気づけ、
これからの復興に向けて、力強く成長していってほしいという
願いを込めて企画しました。

・仙台市内の沿岸地区にて、がれき撤去や泥かきの
災害ボランティアを行いました。

災害ボランティア災害ボランティア災害ボランティア

・仙台市内の避難所にて、子供やお年寄りに対する傾聴や
カウンセリングなどのボランティアや炊き出しのお手伝いなどを
行いました。

災害ボランティア災害ボランティア

GWに行うボランティアの視察のため、代表理事が現地へ

事前視察のために現地入り、また現地NPO法人から
要請された支援物資をお届けしました。
また、避難所の数か所にお邪魔し物資の一部を
提供させていただきました。

事前調査事前調査事前調査

活動内容発表

皆さんから支援をいただいた”こころのあかり基金”と
私どもの団体の予算で、今回の東北・関東大震災の
被災地の皆さんへの継続的な支援を行っています。

2013年度 被災地・鯉のぼりプロジェクトご報告

2013年被災地・鯉のぼりプロジェクトご報告

2013年4月11日~5月1日

 

全て流されてしまったから…という声がきっかけでスタートした『鯉のぼりプロジェクト』も、今年で3年目を迎えます。

今年は復興の状況をその目で確認してもらうため、新しく理事になった星さんも

同行しました。

【画像】①小学校_2013年度_東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト

訪問したのは、石巻、女川、南三陸町。

そして震災の年に最初に初めて鯉のぼりを揚げた歌津中学校へ。

プロジェクトにご協力いただいている自治体からお借りしてきた

鯉のぼりをお渡しし、設置に向けて準備。

当時に比べれば、少なくなった瓦礫を見て、月日を感じます。

それでも完全な復興までは程遠く、

まだまだできることがあるとメンバー全員が奮い立つ思いです。

設置した日はあいにくの曇り空。

それでも空を優雅に泳ぐ鯉のぼりの姿に、

少しでも現地の方々や子どもたちの活力につながればと願うばかりです。

【画像】②こいのぼり_2013年度_東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト

鯉のぼりプロジェクトは、震災のあの日を忘れないためのものでもあります。

プロジェクトを支えてくれるのは、同じ思いを共有する仲間たち。

他にも数えきれない人達の支えで毎年実施することができています。

【画像】③こいのぼり_2013年度_東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト

鯉のぼりを通じて、たくさんの人の思いやりが、たくさんの人に届きますように。

来年もまた、鯉のぼりを届けに来ます。

活動ブログ記事

3年目の鯉のぼりプロジェクト初日

力強く泳ぐ鯉のぼり

支えてくれる方々に感謝です

鯉のぼりを寄贈してもらいました

 

#2013年

#東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト

#一般社団法人Zips

#子どもたちの笑顔

#感謝

2015年度 被災地・鯉のぼりプロジェクトご報告

2015年被災地・鯉のぼりプロジェクトご報告

 

早いもので、『東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト』も5年目を迎えます。

1年や2年で終えてしまうところも多い中、継続していることに賞賛や驚嘆の声をいただきます。

初志貫徹、それこそが最も重要なことであると感じています。

【画像】こいのぼりプロジェクト‗2015年度集合写真

 

【画像】こいのぼりプロジェクト‗2015年度外で上げている

天候は突き抜けるような快晴。

子どもたちの笑顔が何よりの宝です。

バルーンアーティストの演出に、真剣になってくれていました。

これだけ盛り上がれることも、企画者としての冥利に尽きます。

【画像】こいのぼりプロジェクト‗2015年度バルーンjpg

 

■新聞にて取り上げていただきました

新聞に載ることが全てではありませんが、

こうして活動が周知されることは単純に嬉しく思います。

私たちの活動が、少しでも多くの人に伝わり、誰がの善意が届くことを祈るばかりです。

今回もたくさんの仲間たちと行くことができました。

志を同じくする仲間たちの存在は本当に貴重だと感じた数日でした。

【画像】こいのぼりプロジェクト‗2015年度写真に掲載される②

 

【活動ブログ記事】

 

鯉のぼりプロジェクト、大変天候に恵まれました

新聞に載りました。善意が広がりますように

#2015年

#東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト

#一般社団法人Zips

#継続は力なし

#初志貫徹

#新聞掲載

#感謝

2015年度 クリスマスプレゼント贈呈報告

2015年クリスマスプレゼント贈呈

 

Zipsの活動で続けている、『東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト』

今年は初めて子どもたちへクリスマスプレゼントを送りました。

鯉のぼりを贈呈した時もちょっとした贈り物をしました。

予想以上に喜んでくれ、もっと喜んでもらいたいという気持ちがわき、

今年はクリスマスプレゼントも贈ることに。

いいクリスマスを過ごせていることを願うばかりです。

【画像】クリスマスプレゼント‗2015年度

活動ブログ記事

初めてのクリスマスプレセント。喜ぶ顔を想像します。

 

#2015年

#一般社団法人Zips

#みなと保育園

#クリスマス

#プレゼント

2017年度 被災地・鯉のぼりプロジェクトご報告

2017年被災地・鯉のぼりプロジェクトご報告

毎年続いている『東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト』、

今年は始まりの地である南三陸町の中でも歌津に来ています。

震災最初の年に、ニーズのあった鯉のぼり。

50匹もの鯉のぼりをあげました。

【画像】こいのぼり‗2017年南三陸町お地蔵様

 

今年は例年好評をいただいているバルーンアーティストのショーのほかに、

マジックのショーも開催しました。

圧倒的なパフォーマンスに子どもたちは大騒ぎして喜んでくれました。

福島県相馬市の「みなと保育園」でも鯉のぼりをあげてきました。

みなと保育園では、毎回鯉のぼりを渡すセレモニーをしてくれます。
鯉のぼりのお礼に子供達が歌ってくれたり、皿回しをしてくれたり、メダルも本格的なクオリティで

本気で楽しませてくれようと思っている気持ちが伝わり、熱くなるものがありました。
キラキラテープが出てくるクラッカーを遣ったり、マシーンでシャボン玉は出したりと

エンターテインメント性が高く、おもてなしの精神を感じました。

本当にありがとうございました。

【画像】こいのぼり‗2017年保育園にて集合写真

【画像】こいのぼり‗2017年度子供たち皿回し

【画像】こいのぼり‗2017年度園児にこいぼのりを渡す

みなと保育園からお礼のお手紙をいただきました。

写真とDVD。みんなで一生懸命作ってくれた姿が目に浮かびます。

嬉しい気持ちをそのまま、ありがとうと伝えてくれる素直さに、必要なことを学ばせてもらいました。

 【画像】東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト_お礼_2017年度

 

そのお礼に、クリスマスプレゼントをおくらせていただきました。

こちらはまた別のご報告をいたしますが、そのプレセントにもこうしてきちんとお礼の

お手紙をいただき、感謝の気持ちは人を動かすと痛感しています。

【画像】こいのぼり‗2017年度お礼状

来年も、続けて南三陸町、福島県相馬市を訪れたいと思います。

 

■新聞にて取り上げていただきました

福島民報さんと福島民友さんの二社に『東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト』について掲載されました。このプロジェクトを始めてから、ずっと取材していただいています。

子供達に防災の意識をつけて、語り継ぎ、後世に伝えていく。

起こったことは変えられないけれど、これからのことを考えることはできます。

それが根付いているなと感じた訪問でした。

【画像】こいのぼり‗2017年度新聞掲載

 

【活動ブログ記事】

今年の鯉のぼりが動き始めました!

バルーンアーティストと子どもたちの饗宴

子どもの純粋な気持ちに感動!!

福島民報さんと福島民友さんの新聞に掲載されました!

「ありがとう」の言葉の威力を感じました

嬉しいお返しをいただきました

 

 

#2017年

#東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト

#一般社団法人Zips

#南三陸町

#歌津

2017年度 クリスマスプレゼント贈呈報告

2017年クリスマスプレゼント贈呈

 

Zipsの活動で続けている、『東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト』で、

子どもたちにクリスマスプレゼントを送ってから、こちらも鯉のぼりプロジェクト、

児童養護施設向け絵画コンクールとともに続けいています。

お礼状をいただけるのは本当に温かい気持ちになります。

感謝を伝えることは、意外と簡単だということを、子どもたちから学べます。

【画像】こいのぼり‗2017年度お礼状

活動ブログ記事

かわいい贈り物をいただきました。感謝って大事

 

#2017年

#一般社団法人Zips

#みなと保育園

#クリスマス

#プレゼント

2019年度 被災地・鯉のぼりプロジェクトご報告

2019年度 被災地・鯉のぼりプロジェクトご報告

今年も鯉のぼりをあげる季節がやってきました。

歌津、福島県相馬市の2か所に行ってきました。

歌津に咲く満開の桜が時間の経過と、穏やかになりつつある日常を物語っているようです。

【画像】東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト_桜満開

福島県相馬市の「みなと保育園」では、鯉のぼりの他にショーを開催しています。

バルーンアートで子どもたちを熱狂の渦に巻き込んでくれるアーティストさん。

嬉しそうに大騒ぎしてくれる子どもたち一人一人の顔が、続けようと思わせてくれます。

例年より多めにあげた鯉のぼりも、子どもたちの心を豊かにしてくれていると信じています。

【画像】東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト_みなと保育園バルーンアート準備_2019年度

【画像】東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト_みなと保育園集合写真_2019年度

【画像】東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト_みなと保育園こいのぼり写真_2019年度

このプロジェクトを始めて、震災から8年という歳月が過ぎました。

その間にも熊本県、中国地方、北海道と、多くの土地で震災が起きました。

これから自然災害に悩まされることも多くなるのかもしれません。

それでも自分たちのできる範囲で、できることをし続けていくことをしていきます。

 【画像】東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト_みなと保育園お礼状_2019年度

毎年、お礼状をくださる「みなと保育園」の子どもたち。

このお手紙をいただく度に、続けていきたいと強く思います。

 

■新聞にて取り上げていただきました

今年も、福島民友さんが新聞記事にしてくれました。

形になることで、子どもたちが大きくなった時の想い出として、残っていけるのは

本当に嬉しい限りです。

【画像】東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト_新聞記事集合写真_2019年度

【活動ブログ記事】

復興を象徴するかのような桜たち

バルーンアート準備中

子どもたちの笑顔が何よりのやりがいです

福島民友さんの新聞掲載と子供たちのお礼状に感謝!

#2019年

#東日本大震災支援・鯉のぼりプロジェクト

#一般社団法人Zips

#南三陸町

#歌津